東京バー探検記 ~銀座 渋谷 新宿 恵比寿 大井町等のバー巡り~

東京都内のバーを中心に、オーセンティックバー、ホテルバー、カジュアルバー、ジャズバー等を紹介するバーブログです。 銀座のバー、渋谷のバー、新宿のバー、恵比寿のバー、大井町のバー、大森のバー等、東京でバーが多く集まるエリアを中心に巡り歩く。

タグ:渋谷バー

渋谷バー BAR MIZ(バーミズ)。
渋谷バー_bar Miz
渋谷駅東口より青山学院大学の方へ徒歩10分。
渋谷の隠れ家的なオーセンティックバー。
続きを読む

渋谷バー BAR AdoniS(バー・アドニス)。
渋谷バー アドニス
渋谷駅ハチ公口から道玄坂へ向かって徒歩5分。
居酒屋やショップがひしめく中にある、渋谷のオーセンティックバー。 続きを読む

渋谷のバー、BAR LARGO(ラルゴ)。
①
渋谷駅東口から徒歩5分、宮益坂交差点付近の地下にひっそりと佇むオーセンティックバー。
急な階段の下に「BAR LARGO(ラルゴ)」と書かれた看板が偶然にも目に入り、重厚な木製ドアを開けてみた。 
②
照明を落としたシックな店内には、種類豊富なウイスキーと棚の半分を占めるカルヴァドス。
後で調べて分かった事だが、どうやら日本一の品数を誇るカルヴァドスの名店らしい。

そんな事は露知らず、最近注目されている「イチローズモルト ワインウッドリザーブ」をオーダー。
⑥ (2)
赤ワイン熟成樽の空樽にピュアモルトを熟成させる事で、華やかなフルーティーな味わいに仕上がるそうだ。
飲み始めは複雑な風味がするのだが、後味はそこまでしつこくない。ふむふむ、これは美味しい!
洒落たボトルラベルの「葉」は、ジャパニーズオーク「ミズナラ」をイメージしているらしい。

そしてウイスキーのつまみは、「チーズの盛り合わせ」。
お酒の肴にはチーズは鉄板ですね。このマリアージュに敵うものはない。
幸せのあまりについつい笑顔がこぼれてしまう。
⑥

ゆったりと時間が流れる大人の為の空間「BAR LARGO(ラルゴ)」。
お洒落過ぎない雰囲気なので気取りせずに純粋にお酒を愉しめる、そんな場所。
渋谷の喧騒を離れて、ゆっくりと一杯飲れるオススメのBARだ。

■お店
渋谷バー BAR LARGO(ラルゴ)
■お酒 
イチローズモルト ワインウッドリザーブ 

にほんブログ村 酒ブログへ
東京 バー探検記 > 渋谷バー 渋谷バー BAR LARGO(ラルゴ)

渋谷のバー、LivingBar M&W TOKYO。
1
渋谷駅から徒歩3分、渋谷警察署の裏側にあるお洒落な隠れ家バー。
第6矢木ビルの前に掲げてある電飾看板を目印に、地下への秘密階段を下りると・・・
そこにはオーセンティックさとカジュアルさを兼ね備えたBAR空間があるのだ。
2
店内入って右手に定番ウイスキー中心に陳列されたオーセンティックなカウンター、
左手にはラグジュアリー感溢れるソファー席。とても若者の街「渋谷」にあると思えない。
5

店内には数々のトロフィーが飾られており、名立たるコンテストで日本一に輝いたバーテンダーが
一流のサービスでおもてなしをしてくれる。

まずは・・・、
最近朝ドラ「マッサン」で一躍有名になった「竹鶴17年」。
3
竹鶴12年同様にまったり感があるのだが、更に円やかで甘さがある。
想像していた味わいよりも硬さがなく、非常に飲みやすい。
飲み方としてはハイボールだけではなく、ロックやストレートでもいけそうだ。

フードメニューは「鴨のスモーク」をオーダー。
7
脂身の旨味が燻される事で更に引き立ち、思わず声が出るほどの美味しさ。
これは、これは酒のつまみには合いますね~。

次も肉々しく「グリルソーセージ」を。
8
噛んだ瞬間にやってくるジューシー感。マスタードを付ける事で旨さが倍増~。
美味しさのあまり、フォークを一度もカウンターに置くことなく完食(笑)

6
良い意味で「渋谷」っぽさが無く、時間を忘れて寛げるBAR。
お洒落な雰囲気に浸って、美味しいお酒を愉しめる場所、
都会渋谷のオアシス「LivingBar M&W TOKYO」。
渋谷でバーに行くなら当店がオススメ。

■お店
渋谷バー LLivingBar M&W TOKYO
■お酒
竹鶴17年 ピュアモルト 

にほんブログ村 酒ブログへ
東京 バー探検記 > 渋谷バー > 渋谷バー LivingBar M&W TOKYO

このページのトップヘ