東京バー探検記 ~銀座 渋谷 新宿 恵比寿 大井町等のバー巡り~

東京都内のバーを中心に、オーセンティックバー、ホテルバー、カジュアルバー、ジャズバー等を紹介するバーブログです。 銀座のバー、渋谷のバー、新宿のバー、恵比寿のバー、大井町のバー、大森のバー等、東京でバーが多く集まるエリアを中心に巡り歩く。

タグ:バーメシが充実

新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)。
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)⑧
新宿東口から徒歩2分。バーメシが充実しているダイニングバーへ訪問。
オーガニック野菜や熟成肉、フルーツカクテルをウリにしている人気店。
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)⑤
狭い雑居ビルのエレベーター5階へ上がると、早い時間にも関わらずに大盛況。
バーというよりもビストロ的な店内で、カウンター7~8席に、テーブル席が4~5つ。
1人女性客も多く、スタッフさんとの会話を愉しみながら、日々の疲れを取っているのだろう。
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)⑪
今宵の一杯は、「大葉と赤しそのソル・クバーノ」。
野菜を使ったカクテルの中で特にインパクトがあったので迷わずオーダー。
ベースラムの「バカルディ」の中にしそを漬けておき、それを生グレープフレーツで割ったもの。
さっぱりしていて非常に美味しい。癖になる味わいだ。
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)③
気になるバーメシ。豚首肉のグリル。こりゃ、旨い!!
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)⑨
続いて、サーモンのバルサミコソース。うまし!
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)④
釜蒸し温焼き農園野菜。あー、なんて幸せなんだろうー。
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)②
マルスウイスキー「火樽」。のハイボールー。
バーボンを熟成させる為の強く内側を焦がした新樽で、
ブレンドした後に樽詰めしたワイルドなウイスキーだ。
ほんのり焦げた風味がとても独特だが、個人的は美味しい!
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)⑩
それにしても新宿にもこんなバーメシが充実した良いバーがあったとは。
友人・恋人・同僚と誰とでも気軽に立ち寄れる店「AfterTaste」。
今宵もまた好きなバーがブックマークに増えたので満足満足~。

■お店
新宿バー AfterTaste(アフターテイスト)

東京バー探検記 > 新宿バー

にほんブログ村 酒ブログへ 

新宿バー ARGYLL(アーガイル)。
新宿バー_ARGYLL①
新宿西口から徒歩3分。呑み屋が密集する場所に佇むオーセンティックなバー。
以前ブログで紹介した「ブランドゥース」のマスターが昨年迄お勤めになっていた
というお話を伺ったので、仕事帰りに新宿まで足を伸ばして訪問。
新宿バー_ARGYLL⑩
扉を開けた瞬間のアットホームな温もり。あー、癒しの洞窟だ。
新宿バー_ARGYLL⑧
店内の作りはウッド調の洒落たデザイン。アーティステックな感じだ。
カウンター5~6席とテーブル席が2~3つと、決して大きくはないが、
この絶妙なサイズ感がバーをこよなく愛する人には堪らないのだ。
新宿バー_ARGYLL⑤
シングルモルトが200種類並べてあるバックバー。幅広いラインナップだ。
新宿バー_ARGYLL⑨
凝ったBAR空間作り。ボトルのチョイスセンスが良い。
新宿バー_ARGYLL③
今宵の一杯は、アベラワー10年。
スペイサイドのシングルモルトウイスキー。ソーダ割りでいただくー。
やさしい口当たりなので、飲みやすく非常にバランスの取れた味わいだ。
新宿バー_ARGYLL⑥
そして・・・お愉しみのバーメシはこちら。
ハチノスを使ったトリッパだ。充分に煮込まれたハチノスが柔らかい。
あーうまいと思わず、声が出てしまう。最高ー。
新宿バー_ARGYLL⑦
抑えのバーメシはこれ。アボガド×チーズ載せ。
ふむ。アボガドは好きな部類ではないが、これもいける。
新宿バー_ARGYLL②
今宵もまた一つ、良いバーに出会えたことに感謝感謝。
新宿駅から近いので、2・3軒目のバーとして知っておくと良いかもしれない。

■お店
新宿バー ARGYLL(アーガイル) 
■お酒
アベラワー10年

東京バー探検記 > 新宿バー 

にほんブログ村 酒ブログへ

新宿バー blanDouce(ブランドゥース)。
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)9
新宿西口より徒歩5分。西新宿の片隅にひっそりと佇むオーセンティックバー。
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)10
店内はモダンなデザインで、オーナー拘りのインテリアと仄かな照明が相俟って、
お客さんを自然とリラックスさせるような空間作りになっている。
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)3
同じ新宿にある「ARGYLL」というバーで長年勤められていた店主が、
昨年満を持してオープンした比較的歴史の浅いバーなのである。 
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)4
店内はカウンター7席に、テーブル席が5つと広々とした隠れ家バーで、
平日は新宿で働くサラリーマン達が、マスターの作るカクテルやバーメシを求め、
夜の遅い時間にここにやってくるとか。
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)5
今宵の一杯は、グレンリベット12年。
をハイボールでいただくー。
ふー、疲れ切った心のささくれにアルコールが染み渡るー。
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)6
お愉しみのバーメシ。ブリのカルパッチョ。
寒くなるに連れて脂が乗る鰤。レモンが掛かったオニオンが効いていて、
味わいを爽やかに仕上げてくれる。ウイスキーが止まりませんなー。
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)8
グラスが空っぽになったところで、アバフェルディ12年ー。
ハイランド出身のシングルモルトで、丸みのある味わいで、後味はドライ。
仄かにオレンジ等の柑橘系を思わせる風味が漂う。クセになるウイスキーだ。
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)7
〆はバベットステーキのマスタードソース添え。
ほっぺたが落ちる程の旨さ。これは本気で旨い!!!
このクオリティで値段のリーズナブルなのが驚き。うましうまし~。
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)1
西新宿の秘密の隠れ家バー「blanDouce(ブランドゥース)」。
インターネットでの情報は出ていないが、バーとしてのレベルはかなり高い。
店主のフレンドリーな接客、バーメシのクオリティ、癒しの空間・・・。
あー、久々に良いバーを新宿で見つけられた嬉さに今宵も満足や~。

■お店
新宿バー blanDouce(ブランドゥース)
■お酒
グレンリベット12年
アバフェルディ12年

東京バー探検記 > 新宿バー 

にほんブログ村 酒ブログへ     

新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)3
新橋駅から徒歩2分。烏森神社付近の細い路地に佇むオーセンティックバー。
以前このバーに訪問したという同僚に教えてもらい、久々の新橋エリアでの新規開拓だ。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)4
高級感あるカウンターに、 バックバーに並べられた豊富なシングルモルト。
バーでは珍しくロフト的な二階席もあるので、団体客でも愉しめるバーだ。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)7
気になるお酒の価格帯は、1,000円~1,400円と新橋価格なので安心だ。
シングルモルトの種類は、スコッチ、バーボン、アイリッシュとかなりのラインナップ。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)5
今宵の一杯は、ノッカンドゥ12年のハイボール。
ゲール語で「小さな黒い丘」を意味するこのウイスキーは、
川を見下ろす丘にある蒸溜所で作られているそうだ。
味わいはややピートが効いていて、フィニッシュは繊細でフルーティー。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)9
そして、空腹と五感を満たせてくれる本日のバーメシ。
3種のボイルソーセージ。燻されていて、ハイボールとのマリアージュは最高~。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)8
続いてのバーメシは、ボロネーゼ。
トマトの甘みと燻されたベーコンの旨味がコシのある麺と絡み合って、
これまた信じられない程うまい!!今迄食したバーメシでベスト5に入るレベル!!
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)2
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)1
新橋駅周辺でしっぽりと飲れるバーは殆ど無く、銀座まで繰り出す羽目になるが、
ここ「MOONSHINE(ムーンシャイン)」は、知る人ぞ知る新橋の隠れ家的なバーだ。
新橋へ立ち寄った際には、2・3軒目に使えるので是非~!
 
■お酒
ノッカンドゥ12年
■お店
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)

東京バー探検記新橋バー

にほんブログ村 酒ブログへ  

神田バー J.Bridge。
Bridge①
神田駅から徒歩1分というアクセスの良いショットバー。 
飲食店・スナックで賑わう神田の歓楽街で静かに飲れるバーだ。
Bridge②
雑居ビルの地下1階に降りると・・・
カウンター8席とテーブル席が2つ程の広過ぎないバー空間。
今宵も一日の疲れをアルコールで癒しに神田のサラリーマンが賑わう。
Bridge⑦
バックバーには定番ウイスキーと各国のワインが整然と並べられており、
驚いたのはマスターズドリームの生が提供されているということ。
一次会でこのバーを使うニーズが高いのだろう。
Bridge⑥
当店おすすめのバーメシ。バーメシ好きには堪らないラインナップ。
Bridge③
今宵の一杯は、最近発売されたばかりのグレーンウイスキー知多。
を、ソーダで割った風香るハイボールで愉しんでみる。
モルトのような濃厚な香りではなく、ほのかに甘さが香る繊細な味わい。
軽やかなので、ウイスキー通には物足りないが、初心者には飲みやすいウイスキーだ。
Bridge⑤
そして、看板メニューの「内神田名物カツサンド」。
分厚い肉にしつこくない衣、カリッと焼いたパンに味を引立てるマスタード。
うっ、うまー。これは名物だけあって本当にうまい!
Bridge④
続いて、チーズの盛り合わせ。
バーには珍しいブルーチーズも。クセの強いチーズなので、
さっぱりした知多ハイボールが抜群に合いますなー。
今宵も良いバーメシに出会えた事に感謝じゃな。
DSC_3783
立地、バーメシ、雰囲気とどれも高得点の神田のバー「J.Bridge」。
普段訪問しないエリアだが、神田に来た時にはまた再訪したいバーだ。

■お店
神田バー J.Bridge
■お酒
グレーンウイスキー知多

東京バー探検記 > 神田バー

にほんブログ村 酒ブログへ  

このページのトップヘ