東京バー探検記 ~銀座 渋谷 新宿 恵比寿 大井町等のバー巡り~

東京都内のバーを中心に、オーセンティックバー、ホテルバー、カジュアルバー、ジャズバー等を紹介するバーブログです。 銀座のバー、渋谷のバー、新宿のバー、恵比寿のバー、大井町のバー、大森のバー等、東京でバーが多く集まるエリアを中心に巡り歩く。

タグ:カジュアルバー

日本橋のバー、IN THE BARREL(インザバレル)。
DSC_2455
日本橋駅・東京駅八重洲口から各々2~3分の場所に位置している路面店のカジュアルバー。
”IN THE BARREL(インザバレル)”とは「樽の中」という意味で,
外観・内観ともにウイスキー樽をイメージした店構えとなっている。
DSC_2454
店内は1階にカウンター9席・テーブル2席、2階にもどうやらスペースがあるようだ。
客層はサラリーマンが多く,八重洲方面で2軒目に軽く飲る客のニーズが高そう。
DSC_2507
スコッチ,バーボンと各種ウイスキーが取り揃えていて品揃いは申し分ない。
カウンター席前にある「BOWMORE」「MACALLAN」「Classic of Islay」の
ミニ樽からは樽香が漂い,嗅覚・視覚が刺激されて気持ちがリラックスされるのだ。
DSC_2456
本日はこれ!本格派バーボン「オールドグランダッド114」。
ラベルに描かれている人物が,バーボン先駆者と言われている創始者ベイジル・ハイデン。
三代目レイモンド・B・ハモンドがその業績を称えて「偉大なお爺ちゃん(オールドグランダッド)」と名付けたという。
コーン比率を下げてライ麦を多く使用されていて,重厚で且つ上品な味わいが特徴的。
飲んだ後にライ麦の甘く香ばしい風味が口の中に広がる。
クセがあって中々美味しいのだが,アルコール度数57%なのでバーボン中級者向けだ。
DSC_2494
酒の肴は「スモークの盛り合わせ(鴨肉・豚トロ・チーズ・馬舌)」。
生まれて初めて食す「馬舌」。食感は砂肝に近く歯応えがある。
これがまた目から鱗の美味しさで,やみつきになりそうだ。
ハイボールと合うので、グラスがあっと言う間に空っぽになってしまった!
DSC_2495
気負わずに立ち寄れる日本橋のバー「IN THE BARREL(インザバレル)」。
手頃なBARとして覚えておきたい店だ。

■お店
日本橋バー IN THE BARREL(インザバレル)
■お酒
オールドグランダッド114

にほんブログ村 酒ブログへ
東京 バー探検記 > 日本橋バー > 日本橋バー IN THE BARREL(インザバレル)

横浜のバー、KONS CORNER(コンズ・コーナー) 。
1
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩5分の場所にあるレストランバー。
元町商店街の中に佇むこのバーは地元でも良く知られた老舗で、生演奏を楽しみながら横浜らしいデイープな夜を過ごせるという名店。
聞くところによると、その昔、人気若手俳優向井理がバーテンダーとして働いていたとか。 
周囲に飲食店が少ない事もあり、店の入り口に煌々と光り輝くネオン が目印となっているので発見しやすい。2
店内はアンティーク調な内装で、ソファー席・カウンター席・テーブル席と30~40人収納出来るスペースがあり、
入店するやいなやタイミングを合わせたように外国人歌手によるJAZZの生演奏が始まる。
迫力ある素晴らしい生の歌声に感動~。いや~,癒される~。

レトロな店内×JAZZの生演奏には、アメリカンウイスキーが合うと決めつけて、プレミアム感を満喫出来る「メーカーズマーク」をオーダー。
5
蜂蜜のような琥珀色、バニラのような甘い香り,一口飲むとスーッと喉の奥に消えるスムーズ感がたまらないお酒。多くのバーボンは原料にライ麦を使うのだが、メーカーズマークの場合、敢えて冬小麦を使っている事でふくらみのある繊細な甘さを出しているらしい。ソーダで割る事で更に甘みのある味わいを愉しめる。
4
メーカーズマークのお供に,「ソーセージの盛り合わせ」。4種類の味わいが一度に楽しめる人気殺到のメニュー。
パキッとジューシーな歯ごたえがたまらない~。
3
横浜の夜が一層身近に,そして奥深く感じられるようになる,そんなBARです。
デートや観光でこのエリアに訪れた時には是非!

■お店
横浜バー KONS CORNER(コンズコーナー)
■お酒

にほんブログ村 酒ブログへ 
東京 バー探検記 > 横浜バー > 横浜バー KONS CORNER(コンズ・コーナー)

このページのトップヘ