東京バー探検記 ~銀座 渋谷 新宿 恵比寿 大井町等のバー巡り~

東京都内のバーを中心に、オーセンティックバー、ホテルバー、カジュアルバー、ジャズバー等を紹介するバーブログです。 銀座のバー、渋谷のバー、新宿のバー、恵比寿のバー、大井町のバー、大森のバー等、東京でバーが多く集まるエリアを中心に巡り歩く。

カテゴリ: 有楽町バー

銀座のバー、伽藍BAR。
銀座バー 伽藍1
銀座駅C3出口より徒歩2分。「銀座西5丁目」の信号を越え、
外堀通り沿いを南に少し歩いたところにある、地下に佇む秘密のバー。
銀座バー 伽藍5
「和」と「音楽」をテーマにした、居心地の良いバーだ。
ギターやピアノの生演奏を愉しめたり、手相を占ってもらえるなど、
アミューズメント要素が多いのが「伽藍BAR」の特徴なのである。
運が良ければ、落語までも聞くことが出来るという何とも素晴らしいバー。
銀座バー 伽藍7
和テイストのバックバー。豊富なウイスキーの他、ブランデー・ワインも揃っている。
メニューも用意してくれるので、お酒の種類を知らない人でも安心だ。
銀座バー 伽藍4
今宵の一杯、カナディアンクラブのハイボール。
クセがなく、ライトな味わいなので、非常に飲みやすいのが特徴だ。
アイラ系が好きなウイスキー通に少し物足りなさを感じるかもしれないが、
個人的にはその主張し過ぎないところが、自分に似て好きなのかもしれない 笑
銀座バー 伽藍6
気になるバーメシ。ひじきのサンド。
パンに塗ってあるマーガリンが良い役目をしていて、これがまた旨い!
銀座バー 伽藍3
久々に飲む白州。今日も頑張った自分へのご褒美に贅沢なウイスキーを。
瑞々しく清らかな味わい。白州はハイボールが一番。
銀座バー 伽藍2
〆のバーメシは、カルボナーラ。
ウイスキーを飲みながら、程良い塩分を摂取。う、うっま!!
銀座バー 伽藍8
店名の「伽藍」とは、僧侶が修業をする清浄・閑静という意で、
名前の通り、心から落ち着く空間。ついつい長居をしてしまう居心地の良さ。
日々色んなイベントがあるので、何回訪問しても飽きる事は無さそうなバーだ。
肩肘張らない銀座のバー「伽藍BAR」。また近々一杯飲りに行こうと思った。

■お店
銀座バー 伽藍BAR 
■お酒
カナディアンクラブ
シングルモルトウイスキー 白州

東京バー探検記 > 銀座バー

にほんブログ村 酒ブログへ  

銀座のバー、BAR橋。
DSC_2606
銀座駅から徒歩3分、銀座泰明小学校付近にある隠れ家オーセンティックバー。
スナックが軒を連ねる路地裏に小さく控えめな「橋BAR」という看板、
地下への狭い階段を降りていくと、そこには和を感じさせるBAR空間が広がっている。
DSC_2605
店内に足を踏み入れると、白基調の明るいバーカウンター(10席)と縁台。
東京にあるバーだとは思わせない和テイストな作りなので、
肩肘張らずに済み、妙な安心感を与えてくれる。
DSC_2620
「人と人とを繋ぎ、BAR文化を繋ぐ架け橋を」という想いが店名に込められており、
最高のホスピタリティーを提供してくれるのだ。多くのBAR好きが通う理由も頷ける。

DSC_2622
一段のみのバックバーから赤い封蝋が目に飛び込んできたので、
「メーカーズマーク」のソーダ割りをオーダー。
DSC_2623
熊本郷土料理である「辛子蓮根」。絶妙な辛さとシャキっとした歯触りがたまらない~。
DSC_2624
続いてオーダーした「豚の厚切りベーコン」、これは最高の酒の肴。
DSC_2628
そして〆の「Bar麺」。バーで出てくる麺にしてはクオリティーが高く、
醤油風味のあっさりした味わい。麺に入ってる炙った馬刺しも非常に美味しい。

DSC_2616
銀座という場所柄か、堅苦しさを想像してしまう人もいるかもしれないが、
木の温もり溢れる店内は和室にいるような落ち着き感があり、
バーテンダーとは適度な距離感なので、銀座特有の緊張感はしない。 
充実したお酒・フードと共に銀座の夜を締めくくるには「Bar橋」が良いだろう。

■お店
銀座バー BAR橋 
■お酒
メーカーズマーク 

にほんブログ村 酒ブログへ
東京 バー探検記 > 銀座バー > 銀座バー BAR橋

このページのトップヘ