東京バー探検記 ~銀座 渋谷 新宿 恵比寿 大井町等のバー巡り~

東京都内のバーを中心に、オーセンティックバー、ホテルバー、カジュアルバー、ジャズバー等を紹介するバーブログです。 銀座のバー、渋谷のバー、新宿のバー、恵比寿のバー、大井町のバー、大森のバー等、東京でバーが多く集まるエリアを中心に巡り歩く。

カテゴリ: 新橋バー

新橋バー 3丁目のうさぎ。
新橋バー 3丁目のうさぎ_2
新橋駅から徒歩3分。日本ワイン専門のワインバー。
新橋3丁目交差点付近の路地に入り、狭い雑居ビルの2Fに店舗を構えている。
新橋バー 3丁目のうさぎ_3
急な階段を上り、木製扉を開けると、そこはバーというもスナックの居抜きのような空間。
店主は女性一人で、ワイン好きの常連が集まる場所のようだ。1人で乗り込むのは少々勇気がいる笑。
新橋バー 3丁目のうさぎ_13
店内はカウンター6席にテーブル席が3つと、こじんまりしているが、
店主・お客さんとの距離感が近いので、非常にアットホームなのが良い。
新橋バー 3丁目のうさぎ_4
日本ワインの種類も豊富で、且つ500円~1,000円とリーズナブル。
新橋バー 3丁目のうさぎ_6
今宵の一杯は、「シャルドネ正宗 やわらかリッチアンドドライ」。
熊本の日本ワインで、菊鹿産シャルドネを100%使用し、
酸化防止剤無添加で無農薬契約栽培100%だそうだ。
味わいは、辛口ながらほのかに甘みを感じ、果実味も愉しめる。
新橋バー 3丁目のうさぎ_8
続いて、「シャルドネ正宗 ヴォルカニーソウル」。
世界最大級の火山「阿蘇」のテロワールが育んだ爽快で美味しい本格辛口白ワイン。
和食にも洋食にも合う逸品に仕上がっている。
新橋バー 3丁目のうさぎ_11
バーメシならぬスナックメシ。黒胡椒風味のチキンときんぴらごぼう。
新橋バー 3丁目のうさぎ_10
ソーセージの燻製に、自家製漬物。家庭的な味がしてうまい~。
新橋バー 3丁目のうさぎ_1
日本ワインに特化したワインバー「 3丁目のうさぎ」。
スナック風の雰囲気で、正に新橋サラリーマンの癒し場。そして日本ワインの多さには圧巻だ。
普段バーではウイスキーばかりだが、久々に美味しいワインを堪能出来てご満悦~!
また新橋に立ち寄った時には寄ろうかなっ!
 
■ お店
新橋バー 3丁目のうさぎ

■おすすめ日本ワイン
日本ワイン
 
東京バー探検記 > 新橋バー

にほんブログ村 酒ブログへ   

新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)3
新橋駅から徒歩2分。烏森神社付近の細い路地に佇むオーセンティックバー。
以前このバーに訪問したという同僚に教えてもらい、久々の新橋エリアでの新規開拓だ。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)4
高級感あるカウンターに、 バックバーに並べられた豊富なシングルモルト。
バーでは珍しくロフト的な二階席もあるので、団体客でも愉しめるバーだ。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)7
気になるお酒の価格帯は、1,000円~1,400円と新橋価格なので安心だ。
シングルモルトの種類は、スコッチ、バーボン、アイリッシュとかなりのラインナップ。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)5
今宵の一杯は、ノッカンドゥ12年のハイボール。
ゲール語で「小さな黒い丘」を意味するこのウイスキーは、
川を見下ろす丘にある蒸溜所で作られているそうだ。
味わいはややピートが効いていて、フィニッシュは繊細でフルーティー。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)9
そして、空腹と五感を満たせてくれる本日のバーメシ。
3種のボイルソーセージ。燻されていて、ハイボールとのマリアージュは最高~。
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)8
続いてのバーメシは、ボロネーゼ。
トマトの甘みと燻されたベーコンの旨味がコシのある麺と絡み合って、
これまた信じられない程うまい!!今迄食したバーメシでベスト5に入るレベル!!
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)2
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)1
新橋駅周辺でしっぽりと飲れるバーは殆ど無く、銀座まで繰り出す羽目になるが、
ここ「MOONSHINE(ムーンシャイン)」は、知る人ぞ知る新橋の隠れ家的なバーだ。
新橋へ立ち寄った際には、2・3軒目に使えるので是非~!
 
■お酒
ノッカンドゥ12年
■お店
新橋バー MOONSHINE(ムーンシャイン)

東京バー探検記新橋バー

にほんブログ村 酒ブログへ  

銀座のバー、TOTI ni BAR(トチバー)。
DSC_2665
銀座駅から徒歩5分(新橋駅から3分)、知る人ぞ知る大人の隠れ家バー「TOTI ni BAR(トチバー)」。
地上に看板がなく、Googleマップを頼りに園枝ビルを探し、通り沿いの細い入口から地下2Fへ。
DSC_2639
重厚な扉を開けると、このバーの特徴でもある栃木を一枚使った板カウンター。
カウンターだけでなく内装に使われている材木は全て栃木で統一されているそうで、
木々の温もりを感じる店内はとても居心地が良い。
DSC_2645
奥には大人数でもゆっくり寛げそうな個室も2~3部屋用意されているので、
歓迎会・送別会の二次会(8~14名)での使い道もありそうだ。

DSC_2644
本日二軒目のBARという事もあり、アルコール控えめなカクテルをオーダー。
桜の浸漬酒がベースのリキュール「ジャポネ<桜>」を炭酸で割ったもの。
桜餅思わせるような甘さと春らしいさを感じさせる香り立ちが特徴的で、
季節を堪能できるカクテルだ。さっぱりとしていて美味しい。

DSC_2648
フードメニューはこちら、「ボロネーゼ」。
トマトとお肉の旨味がストレートに感じられて美味しい~。
DSC_2662
続いて「カルボナーラ」。
濃厚且つクリーミーな味わい。う、うまい・・・。
DSC_2651
〆には「TERIYAKIステーキサンド」。
ここ2~3か月で食したバーメシの中でも最高ランクの旨さ。
食べれば食べるほど食欲が増幅してきます。そしてお酒が止まらない・・。

DSC_2652
大人の隠れ家と呼ぶに相応しい銀座の止まり木「TOTI ni BAR(トチバー)」。
雰囲気の良さ、フードメニューの充実度と全てが兼ね揃っていて、
東京都内で必ず抑えておきたいバーだ。銀座界隈での二次会にどうぞ。

■お店
銀座バー TOTI in BAR(トチバー)
■お酒
ジャポネ<桜>

にほんブログ村 酒ブログへ
東京 バー探検記 > 銀座バー > 銀座バー TOTI ni BAR(トチバー)

銀座のバー、L'essentiel(レサシエル)。
①
銀座駅より徒歩5分。ここ数年通い続けているお気に入りのオーセンティックバー。
この店の最大の魅力は,ウイスキーやワインの品揃えだけでなく,本格的な食を愉しめるバーであること。
早めに仕事を切り上げ,迷う事なく「L'essentiel(レサシエル)」へ。
⑤
隠れ家的な店内。空間作りには相当こだわっていて,とても居心地が良い。
こちらの店は一般的なBARとは異なり,厨房スペースを敢えてお客に見えるような構造にしていて,
店主曰はく,香りや音も含めて楽しんでもらいたいとの事。
DSC_2547
店内はテーブル・カウンター席合わせて30席と銀座エリアでは比較的広い部類に入る。

今宵の一杯はアイラ好きがこよなく愛するスコッチウイスキー「アードベッグ10年」。
⑧
アイラ特有の磯の香りを伴ったピート香が感じられ、実に刺激的な味わいだ。
甘みは殆ど感じられず、フルボディタイプ。人によっては好みが分かれそうな個性的なウイスキーである。

「黒ベーコンのカルボナーラ」をオーダー。
④
三種類のチーズと濃厚な卵黄を使ったおすすめの逸品だ。
燻されたベーコンの旨味がパスタ全体に行き亘り、
絶妙な甘みと適度な塩気がたまらない。瞬時に完食。

続けて「サーモンのマリネ」。
DSC_2554
レモン汁が効いているので,さっぱり食べられる。う,うむ美味しい。
アイラウイスキーとの相性が良く,グラスとフォークが止まらない~。
⑥
店の雰囲気、接客サービス、料理、酒と全てにおいて完璧な素晴らしいBAR。
フードメニューが揃っているので1軒目からでも利用出来るのが魅力。
自信を持っておすすめする銀座のバー「L'essentiel(レサシエル)」。

■お店
銀座バー L'essentiel(レサシエル)
■お酒
アードベッグ10年

にほんブログ村 酒ブログへ
東京 バー探検記 > 銀座バー > 銀座バー L'essentiel(レサシエル)

このページのトップヘ