東京バー探検記 ~銀座 渋谷 新宿 恵比寿 大井町等のバー巡り~

東京都内のバーを中心に、オーセンティックバー、ホテルバー、カジュアルバー、ジャズバー等を紹介するバーブログです。 銀座のバー、渋谷のバー、新宿のバー、恵比寿のバー、大井町のバー、大森のバー等、東京でバーが多く集まるエリアを中心に巡り歩く。

カテゴリ: 銀座バー

銀座バー JBA BAR SUZUKI(ジェイ ビー エー バー・スズキ)
銀座駅からすぐ近く、銀座5丁目にあるバー。
銀座バー_JBA SUZUKI3
故・鈴木昇氏が1967年に創業された、銀座でも老舗のバー。
続きを読む

銀座バー Y&M Bar KISLING(ワイ アンド エム バー・キスリング)。
銀座バー_Y&M bar kisling8
銀座駅から徒歩6分の銀座7丁目にある、言わずと知れたバー。
続きを読む

銀座のバー、伽藍BAR。
銀座バー 伽藍1
銀座駅C3出口より徒歩2分。「銀座西5丁目」の信号を越え、
外堀通り沿いを南に少し歩いたところにある、地下に佇む秘密のバー。
銀座バー 伽藍5
「和」と「音楽」をテーマにした、居心地の良いバーだ。
ギターやピアノの生演奏を愉しめたり、手相を占ってもらえるなど、
アミューズメント要素が多いのが「伽藍BAR」の特徴なのである。
運が良ければ、落語までも聞くことが出来るという何とも素晴らしいバー。
銀座バー 伽藍7
和テイストのバックバー。豊富なウイスキーの他、ブランデー・ワインも揃っている。
メニューも用意してくれるので、お酒の種類を知らない人でも安心だ。
銀座バー 伽藍4
今宵の一杯、カナディアンクラブのハイボール。
クセがなく、ライトな味わいなので、非常に飲みやすいのが特徴だ。
アイラ系が好きなウイスキー通に少し物足りなさを感じるかもしれないが、
個人的にはその主張し過ぎないところが、自分に似て好きなのかもしれない 笑
銀座バー 伽藍6
気になるバーメシ。ひじきのサンド。
パンに塗ってあるマーガリンが良い役目をしていて、これがまた旨い!
銀座バー 伽藍3
久々に飲む白州。今日も頑張った自分へのご褒美に贅沢なウイスキーを。
瑞々しく清らかな味わい。白州はハイボールが一番。
銀座バー 伽藍2
〆のバーメシは、カルボナーラ。
ウイスキーを飲みながら、程良い塩分を摂取。う、うっま!!
銀座バー 伽藍8
店名の「伽藍」とは、僧侶が修業をする清浄・閑静という意で、
名前の通り、心から落ち着く空間。ついつい長居をしてしまう居心地の良さ。
日々色んなイベントがあるので、何回訪問しても飽きる事は無さそうなバーだ。
肩肘張らない銀座のバー「伽藍BAR」。また近々一杯飲りに行こうと思った。

■お店
銀座バー 伽藍BAR 
■お酒
カナディアンクラブ
シングルモルトウイスキー 白州

東京バー探検記 > 銀座バー

にほんブログ村 酒ブログへ  

銀座のバー、Ginza Grace(ギンザ グレイス)。
DSC_2891 (2)
銀座駅から徒歩1~2分、繁華街の雑踏を抜け、地下にひっそりとOPENしているオーセンティックバーへ訪問。
2014年に新規オープンしたバーで、店主は数々のカクテルコンクールに出場されている野原健太さん。
DSC_2888
正しく「銀座バー」といった銀座らしい趣きのある外観。知る人ぞ知る大人の隠れ家だ。
DSC_2905
店内はお洒落でスタイリッシュな空間を演出していて、非日常のひと時を味わえるのだ。
煌びやかな漆黒の長いカウンターで7~8席のみとこじんまりとしているので、ゆったりと寛げる。
DSC_2894
旬のフルーツを使ったカクテルが売りで、お客様の嗜好に合わせた至極のカクテルを創作してくれるのだ。
DSC_2902
その日に仕入れたという茨城産のメロンとメロンリキュール「MIDORI」を使ったカクテルをオーダー。
名だたるバーテンダーに作ってもらったカクテルだけあって、その味わいは格別に美味しい。
DSC_2904
お通しの野菜盛り合わせ。お洒落。

趣向を凝らしたカクテルの数々、バーテンダーとしての技術もさることながら、
お客さんに寄り添うおもてなしの気遣いも素晴らしい。気軽に話せるアットホームな空間。
日頃の忙しさを忘れて、グラスを傾けるひと時・・・仕事帰りに寄りたい大人の為のバー。
是非一度、銀座のバー「Ginza Grace(ギンザ グレイス)」へ。

■お店
銀座バー Ginza Grace(ギンザ グレイス)
■お酒
MIDORI(ミドリ)

にほんブログ村 酒ブログへ
東京 バー探検記 > 銀座バー

銀座のバー、Bar Seven Seasons(バーセブンシーズンズ)。
DSC_2867
銀座駅から徒歩5分、華やかな銀座街に佇む大人の隠れ家バー。
本格的なバーが密集する銀座7丁目、「Bar-Navi」片手に久々に新規開拓をと、以前から行きたかった名店へ訪問。
DSC_2887
温かみのある長いカウンターや落ち着かせる白塗りの壁、細かな気配りをしてくれるバーテンダー。
一日の疲れを癒してくれる憩いの空間だ。噂通りの繁盛っぷりで、20時前にも関わらず満席。
DSC_2879
当店限定ラベルのジョニーウォーカーをはじめ、取り扱うお酒は100種類以上。
評判高い「カツサンド」など、おつまみメニューも充実しているのが特徴だ。
DSC_2875
今宵の一杯は、「グラスホッパー」。
キリギリスやバッタを意味するこのカクテルは、色合いからそう名付けられたとか。
ミントの爽やかな香りとカカオの香りが融合した香り高いカクテルで、
食後のデザートとして愉しまれる。滑らかで美味しい!
DSC_2877
お通しの酒の肴。おつまみには程よい量。
DSC_2873
大人の社交場としての「バー」は敷居が高いイメージがあり、躊躇してしまうかもしれないが、
銀座で「いきつけの店」という切り札を懐に忍ばせても良い。
接待、プライベート等特別な一席でも利用出来そうなバー「Bar Seven Seasons(バーセブンシーズンズ)」。

■お店
銀座バー Bar Seven Seasons(バーセブンシーズンズ)

にほんブログ村 酒ブログへ
東京 バー探検記 > 銀座バー

このページのトップヘ