渋谷バー BAR AdoniS(バー・アドニス)。
渋谷バー アドニス
渋谷駅ハチ公口から道玄坂へ向かって徒歩5分。
居酒屋やショップがひしめく中にある、渋谷のオーセンティックバー。 
今回は、知り合いのバーテンダーさんにご紹介頂いて、お邪魔してみた。
公式サイトによると、"エーゲ海の風"をテーマにしている。
『大理石のカウンターと"白"を基調とした店内は、渋谷にいるのを忘れさせてくれる大人の隠れ家。』
とのことだが、バーに入った瞬間にその言葉に納得した。
渋谷バー アドニス10
先ほどまでの喧騒を忘れ、何を注文しようかと夢心地になる。
このバーの一押しは、旬のフレッシュ・フルーツカクテル。
定番のフルーツから変り種の野菜があり、どれにしようか迷う。
渋谷バー アドニス12
パプリカや大根に挑戦してみたいところだが、無難に(?)アロエを選択。
アロエのマルガリータ。
渋谷バー アドニス2
初めからショートカクテルを注文してしまったが、
さっぱりとした味で、アロエの果実感とテキーラがマッチしている。
どんどん風に引き込まれていくようだ。

お通しは、小豆島のオリーブやチーズ。
"エーゲ海の風"を意識した粋なはからいなのだろう。
上品な味で、カクテルともよく合う。
渋谷バー アドニス3
2杯目は、生姜のジントニックをチョイス。
生姜もジントニックも好きなので、幸せな組み合わせだ。 
渋谷バー アドニス11
ただ組み合わせているだけではない。
火で炙って香りづけしたローズマリーを添える。
ローズマリーの香りが華やかな、忘れらないフルーツカクテルとなった。
 
今宵のバーメシは、林檎とブルーチーズの生ハムピザ。
おススメされたときは半信半疑ながらバーテンダーさんを信じて注文。
渋谷バー アドニス5
林檎のさっぱりとした甘みに、ブルーチーズや生ハムのコクと塩味、
そして蜂蜜のしっかりとした甘みが絶妙にマッチしている。
今まで食べたことない美味しさ、あっさりとした味つけにカクテルも進む進む。
あっという間に一枚完食。

酔いも回ってきたところだが、バックバーにはウイスキーも充実しているということを口実に
〆のウイスキーを一杯。シングルモルトスコッチウイスキーのベンロマック10年。 
渋谷バー アドニス6
シェリー樽由来の上品な甘さと繊細なピートを感じられるスぺサイドのウイスキーだ。
バーテンダーさんのお話によると、元々ご自身がピートのきいたウイスキーが苦手だったそう。
このウイスキーを飲んでから好きになったというエピソードにも納得。
ピートのきいたウイスキーに抵抗感がある方にも入門でぜひお勧めしたい。

お店はテーブル席もあり、8人ほどのグループでも可能だ。
言うまでもなく、女性にもぜひおすすめしたいバーである。 
渋谷バー アドニス13
今宵も素晴らしいバーに出逢えた。
と、満足しながらお店を出たところで、ここが渋谷であることを思い出した。
渋谷の隠れ家となるバー。
またフルーツカクテルを飲みにお邪魔しよう。

にほんブログ村 酒ブログへ