新宿バー ARGYLL(アーガイル)。
新宿バー_ARGYLL①
新宿西口から徒歩3分。呑み屋が密集する場所に佇むオーセンティックなバー。
以前ブログで紹介した「ブランドゥース」のマスターが昨年迄お勤めになっていた
というお話を伺ったので、仕事帰りに新宿まで足を伸ばして訪問。
新宿バー_ARGYLL⑩
扉を開けた瞬間のアットホームな温もり。あー、癒しの洞窟だ。
新宿バー_ARGYLL⑧
店内の作りはウッド調の洒落たデザイン。アーティステックな感じだ。
カウンター5~6席とテーブル席が2~3つと、決して大きくはないが、
この絶妙なサイズ感がバーをこよなく愛する人には堪らないのだ。
新宿バー_ARGYLL⑤
シングルモルトが200種類並べてあるバックバー。幅広いラインナップだ。
新宿バー_ARGYLL⑨
凝ったBAR空間作り。ボトルのチョイスセンスが良い。
新宿バー_ARGYLL③
今宵の一杯は、アベラワー10年。
スペイサイドのシングルモルトウイスキー。ソーダ割りでいただくー。
やさしい口当たりなので、飲みやすく非常にバランスの取れた味わいだ。
新宿バー_ARGYLL⑥
そして・・・お愉しみのバーメシはこちら。
ハチノスを使ったトリッパだ。充分に煮込まれたハチノスが柔らかい。
あーうまいと思わず、声が出てしまう。最高ー。
新宿バー_ARGYLL⑦
抑えのバーメシはこれ。アボガド×チーズ載せ。
ふむ。アボガドは好きな部類ではないが、これもいける。
新宿バー_ARGYLL②
今宵もまた一つ、良いバーに出会えたことに感謝感謝。
新宿駅から近いので、2・3軒目のバーとして知っておくと良いかもしれない。

■お店
新宿バー ARGYLL(アーガイル) 
■お酒
アベラワー10年

東京バー探検記 > 新宿バー 

にほんブログ村 酒ブログへ