恵比寿バー BAR五。
DSC_3003
恵比寿西口から徒歩2、3分。 地下にあるオーセンティックな香りのする隠れ家バー。
DSC_3004
三菱東京URJ銀行を右折し、飲食店が密集したエリアの一角にあるバーだ。
地上にある「BAR五」の外観には、メニューが書かれた看板と熟成樽。
DSC_3005
螺旋状の階段を下りると重厚な扉が・・・。秘密基地のようでワクワク。
DSC_3021
重い扉を開けると、天井までぎっしりとウイスキーやブランデーが並んだバックバー。
店内雰囲気は恵比寿の喧騒からガラリと変わり、暗い照明と合わさり非常に落ち着いたムードだ。
恵比寿でお酒をゆっくりと愉しむにはベストなバーかもしれない。
DSC_3008
L字カウンター席とテーブル席が2つとそこまで店自体は大きくはない為、
後から次々とお客さんが入ってきて、あっという間に満席に。客層は常連と一見が半々くらい。
DSC_3006
今宵の一杯「ジントニック」。ベースはビーフィータージン。
キリッとした炭酸とライムの柔らかさ。絞り加減が絶妙で美味しい!
「ジントニック」を飲めば、そのバーの方向性・スタイルがだいたい分かるもの。
作り方は実に単純で、氷が入ったタンブラーにジンとトニックウオーターを注ぐといった感じ。
単純だからこそ難しく、シンプルだからこそ様々な拘りを持てるのだ。
DSC_3011
砂糖掛けのピーナッツ菓子と甘さ控えめのクラッカー。地味にうまい。
DSC_3020
店主は一見強面なイメージだが、話してみると見た目とは裏腹に人懐っこく笑顔で対応してくれ、
若いアシスタントさんは気配りが素晴らしく、一流の接客サービスをしてくれる。

宴会やデートには不向きなバーかもしれないが、
落ち着いた空間でじっくりとお酒と向き合うには最適なバーだ。
是非一度、街場のオーセンティックバー「BAR五」へ。

■お店
恵比寿バー BAR五 
■お酒
ビーフィータージン

東京バー探検記 > 恵比寿バー

にほんブログ村 酒ブログへ