恵比寿バー、ODIN(オーディン)。
DSC_2965
恵比寿駅西口から徒歩1分。高架下をくぐりすぐのビル地下にあるオーセンティックバー。
DSC_2968
恵比寿のバーといえばこの店、ODIN(オーディン)。
前々から気になっていた評判高い老舗バーへ無心で乗り込むことにした。
店の入り口には、秩父蒸溜所と書かれた熟成樽と珍しいボトル。ワクワク・・
DSC_2972
重い扉を開けると、そこには落ち着く空間と酒瓶で埋め尽くされたバックバー。
店内は広々していて、8~9人掛けのカウンター席とテーブル席が3つ。
巨大なステレオが奏でる深みのある音色で超絶リラックス~。
DSC_2981
重厚な一枚板のカウンター。木の匂いがたまらない。。
DSC_2987
壁には店主が実際に現地に赴き、撮影した蒸溜所の写真の数々。
DSC_2986
今宵の一杯。奇跡の林檎とカルヴァドスを使った至極のカクテル。
どこまでもスッキリした甘みと爽やかな果実味。心地良い余韻が残る。
DSC_2997
ベースのカルヴァドス。軽めなのでカクテルに合う。
DSC_2995
今宵のバーメシ第一号は、自家製六白黒豚のソーセージホットドック。
オーガニックパンに自家製トマトソースと、食への拘りが凄い。。
DSC_3002
続いて、自家製トリッパと自家製手打ちパスタ。
う、うっめぇ~。これはたまらん。
驚きなのはなんと、有機栽培小麦粉で手打ちで作っているということ。
DSC_3001
最後に自家製天然魚介類のマリネ。
「自家製」のオンパレード。ガーリックが効いてて酒がどんどんすすんでしまう。
あー、こんなバーメシが食べれて幸せー。
DSC_2970
無添加、オーガニックに拘る高級バー「ODIN(オーディン)」。
敷居の高さは感じないが、居酒屋感覚で迂闊に入れない価格帯のバーだ。
カクテルに使うフルーツの品揃えは生産者の見える有機栽培のみで、
ウイスキーはスタンダードなものは少なく、レアモノばかり。中には100年以上前のものもある。
提供する全てのお酒・バーメシにはとことん拘り抜いているのがこのバーの特徴だ。
恵比寿のバーでは是非抑えておきたい店の1つだ。

■お店
恵比寿バー ODIN(オーディン) 

東京バー探検記 > 恵比寿バー

にほんブログ村 酒ブログへ